お知らせ

その日の気分に合ったコーヒーを。美味しいコーヒーの淹れ方

 

お気に入りのコーヒー豆から抽出されたコーヒーは自分だけの特別な作品になり、

優雅に過ごせる素敵な空間にもなり得ます。

それを演出できるのがハンドドリップです。

そこで今回は、そのハンドドリップについて注目することにしましょう。

 

1.王道のコーヒーの淹れ方:ハンドドリップとは?

コーヒーの淹れ方にはハンドドリップやフレンチプレス、サイフォンなどがあり、

同じコーヒー豆から抽出されたコーヒーでも、淹れ方によって多様な美味しさが引き立ちます。

その中でもハンドドリップは王道の淹れ方であり、コーヒー愛好家にとって特別なひと時でもあります。

コーヒーを淹れている間の時間は、コーヒーの新鮮な香りが充満することでそれが脳にアプローチし、

心や体のリラクゼーションに作用すると言われています。

特にそれが顕著に現れるのがハンドドリップです。

ハンドドリップの特徴は丁寧にゆっくりと抽出することです。

コーヒー粉にお湯を注ぎ、蒸らしている間はコーヒー粉とお湯が数分間浸され続けることになり、

その分コーヒーの成分がじっくりと抽出され、それと同時にコーヒーのアロマが漂うのです。

 

2.ハンドドリップにはどんな種類があるの?

自らの手で丁寧にコーヒーを淹れるハンドドリップ。

その方法にはペーパードリップとネルドリップの2種類があります。

ペーパードリップでもネルドリップでも、どちらもコーヒー豆の本来の旨味をしっかり出すのは共通していますが、

フィルターの素材やそれぞれが持つ特質によってコーヒーの仕上がりに変化をもたらします。

ペーパードリップで使われるフィルターは紙素材です。

この素材が持つ特質から淹れたてのコーヒーのコクや旨味に影響が出てきます。

コーヒー粉にお湯を注いだ際、紙フィルターにはコーヒー粉から抽出された油分が吸着されます。

その為油分が抑えられたコーヒーがコーヒーカップに注がれることで、

コーヒーが持つ香りや酸味が際立ち、クリアな味わいに仕上がります。

一方、ネルドリップで使われるフィルターは布素材でネルフィルターと呼ばれます。

このネルフィルターは紙フィルターと異なり、この素材特有の繊維の編み方によって、

コーヒーから抽出される成分をコントロールします。

ネルフィルターの網目の粗さによって、コーヒー豆の品種そのものの、まろやかさや奥深さ、コクなどが引き立ちます。

 

3.ハンドドリップでのコーヒーの美味しい淹れ方

ハンドドリップで用意するコーヒー器具やアイテムは、

少なくともドリッパーとフィルター、コーヒーサーバーが必要になります。

ドリッパーとは、フィルターに入れたコーヒー粉を支えるためのコーヒー器具で、

このドリッパーから抽出されたコーヒーが注がれる容器がコーヒーサーバーです。

ペーパードリップとネルドリップではコーヒー器具の形状などに違いはありますが、

基本的にコーヒーの淹れ方や流れは同様です。

コーヒーの淹れ方の基本的な流れは、

まずドリッパーの中にフィルターとコーヒー粉を入れ、お湯をゆっくりと注ぎ込みます。

そしてドリッパーの底部分に空いている小さな穴から抽出されたコーヒーがコーヒーサーバーに落ちていき、

淹れたてのコーヒーが出来上がります。

この一連の流れの中で、美味しいコーヒーを淹れるためのポイントがいくつかあり、

始めにお湯を少しだけコーヒー粉に注ぎ蒸らします。

その後、円形を描くようにゆっくりと2~3回に分けて細かくお湯を注ぎます。

コーヒーの淹れ方はシンプルですが奥深いものがあり、これらのポイントに沿ってコーヒーを淹れると、

より美味しいコーヒーを楽しめるようになります。

 

まとめ

今回は、ハンドドリップでの美味しいコーヒーの淹れ方についてご紹介してきました。

ドリッパーは数種類ありドリッパーの選び方やコーヒーの淹れ方で、

自分好みの味わいに調整できるのがハンドドリップの面白い点でもあります。

豊かな香りに包まれながら、最高のコーヒーと時間を堪能してみてはいかがでしょうか。

Pocket

湯田温泉の小さな珈琲豆焙煎屋 Nishida Coffee


会社名: Nishida Coffee

住所:〒753-0056 山口県山口市湯田温泉五丁目7-6

TEL: 080-4487-7054

営業時間 : 平日 / 12:00~18:00 土日祝 / 9:00~18:00 定休日:不定休

対応エリア:

業務内容:コーヒー豆の製造・小売・卸、コーヒー器具の販売、ギフト販売、イベント出店、コーヒー教室

pagetop