お知らせ

各国のコーヒーの歴史

 

前回はコーヒー発祥の地コロンビアから始まり、アメリカのコーヒータイムについて紹介させていただきました。

今回はトルコとイタリアとコーヒーについてお話していきたいと思います!

▶︎コーヒーは伝統文化

トルコのイスタンブールにカフェが誕生したのは16世紀の半ばと伝えられています。

ヨーロッパにカフェが出現する1世紀も前のことです。

16世紀の終わりには、イスタンブール市街に600軒を超えるカフヴェ・ハーネ(コーヒーハウス)があり、

人々の社交場として親しまれていました。

とはいえトルコはイスラム社会なので、こうしたカフェを利用できたのは男性のみ。

女性は女性同士でコーヒーを楽しみ、コーヒー占いや給仕の作法など独特のコーヒー文化が生まれました。

現在のトルコでは、「チャイ」と呼ばれる紅茶(日本でいうミルク紅茶とは違います)が暮らしになじみ、

人々は1日に何杯も紅茶を飲みます。

しかし、大切な人のおもてなし、婚礼や祝祭日といった特別な日にはトルココーヒーが欠かせません。

2013年にはこうした独特のコーヒー文化が世界的に認められ、

「トルココーヒーの文化と伝統」としてユネスコの世界無形文化遺産に登録されています。

伝統的なトルココーヒーは、細かく挽いたコーヒーの粉と冷たい水、砂糖を、

ジェズベ(CEZVE)と呼ばれる真鍮や銅製の小さなポットに入れ、ぐつぐつと煮立てて作ります。

水から煮立ててしっかり抽出するのでそれほど多くのコーヒー豆を使う必要がなく、

カフェインの含有量は比較的少なめです。

また、水から淹れることで香りがしっかり立ちます。

でき上がったコーヒーはカップに静かに注がれ、その上澄みだけを飲みます。

味は濃厚で、とろりとした飲み口が楽しめます。トルココーヒーは飲み終わった後にカップの底にコーヒー粉が残ります。

コーヒー占いは、カップを逆さにしてこのコーヒー粉が作るさまざまな模様で運勢を占います。

 

▶︎バールでエスプレッソを楽しむ

イタリアで“コーヒー”といえば、エスプレッソを指します。

深めに焙煎した豆を使い、高い圧力をかけて抽出したコーヒーで、濃厚な風味と強い苦味が楽しめます。

「エスプレッソ(espresso)」には“急行列車”という意味があり、抽出時間が短いのが特徴です。

大量に作ろうとすると抽出に時間がかかって、雑味やえぐ味が出るので、通常は30cc程度を小さなカップで飲みます。

マシンを備えた「バール」と呼ばれるカフェが全国で16万軒以上もあるとされ、

人々は気軽に立ち寄ってエスプレッソを飲みます。

味わう時も素早いのがイタリア流で、飲み干すとさっさと店を後にする人が多く、

小さなバールは立って飲むスタイルのところがほとんどです。

一方、エスプレッソに泡立てたフォームドミルクをたっぷり入れたカプチーノは、朝食にパンと一緒に飲むのが定番です。

お昼も近くなると牛乳を入れたコーヒーを飲む人は少なく、もっぱらエスプレッソが飲まれています。

ディナーの締めもエスプレッソで、さっと飲み干してゆっくりとおしゃべりを楽しみます。

エスプレッソは、カプチーノやイタリア版カフェオレのラテなどとともにアメリカへ伝わり、

シアトル発祥のチェーン店により世界中で楽しまれるようになりました。

Pocket

湯田温泉の小さな珈琲豆焙煎屋 Nishida Coffee


会社名: Nishida Coffee

住所:〒753-0056 山口県山口市湯田温泉五丁目7-6

TEL: 080-4487-7054

営業時間 : 平日 / 12:00~18:00 土日祝 / 9:00~18:00 定休日:不定休

対応エリア:

業務内容:コーヒー豆の製造・小売・卸、コーヒー器具の販売、ギフト販売、イベント出店、コーヒー教室

pagetop