お知らせ

珈琲の焙煎と自家焙煎機の選び方


 

珈琲の焙煎は、珈琲の風味や香りを決める重要な工程として知られています。

そんな珈琲の焙煎とはどのようなことなのか紹介していきます。

また8段階に分かれている豆の煎り方の、焙煎の深度についても紹介します。

さらに自家焙煎のできる、焙煎機の選び方についても併せて紹介していきます。

 

 

珈琲の焙煎とは

焙煎とは珈琲の原料である生豆に、熱と圧力を加えていくことを言います。

熱と圧力を加えることをカロリーと言い、焙煎前の豆は生豆と言います。

この収穫精製された生豆のままでは飲用することができず、

焙煎をすることで生豆に科学反応が起きて、珈琲豆独特の苦味や、酸味が引き出されるのです。

また焙煎の時間やカロリーの加え方によって焙煎の深さが決まるのが特徴です。

さらに熱と圧力の加え方を変えることで、完成した珈琲豆の風味も変化していきます。

また同じ味を再現することが難しいというのも、焙煎の工程の特徴です。

 

 

焙煎の深度とは

珈琲の焙煎の深度は浅煎りと、中煎り、深煎り、極深煎りの4つに分けられます。

さらに焙煎の深度は細かく8段階に分けられるのが特徴です。

そんな珈琲の焙煎の深度最も浅いのがライトローストです。

ライトローストは生豆が薄く残っている印象もありうっすりと焦げ目がついている状態です。

カロリーを加え過ぎないため苦味が抑えられ

珈琲豆本来の風味を感じられる焙煎深度だと言われています。

また、香辛料のシナモンのようなキツネ色が特徴的な焙煎深度なのがシナモンローストです。

豆の果実由来である、柑橘系の風味が特徴的です。

またアメリカンな味わいに分類されることが多い焙煎深度なのがミディアムローストです。

分類としては中煎りになりますが、

豆の種類によっては浅煎りのような酸味が感じられることもあると言われています。

そしてハイローストは深煎り手前の焙煎深度で、飲まれることも多く一般的な深度と言われます。

さらにエスプレッソでよく使われる焙煎深度がシティローストです。

焙煎工程の1つであるセカンドクラックが始まる頃には、この深度にさしかかっています。

またフルシティローストもエスプレッソで使われることが多い焙煎深度で、

フレンチローストはアレンジ珈琲やアイス珈琲での使用に向いている焙煎深度です。

8種類の中で最も深い焙煎深度なのがイタリアンローストで、

珈琲豆が持つ油分が表面ににじみ出てくるので、豆は真っ黒でつやつやし、コクが深いのが特徴です。

 

 

自家焙煎機の選び方

珈琲を家庭で飲みたいときに活躍してくれるのが自家焙煎ができる焙煎機です。

そんな自家焙煎機には選び方があります。

自家焙煎機には大きく分けて4種類のものがあるのが特徴です。

自家焙煎機の小型網タイプは、リーズナブルで直火焙煎ならではの独特の香りが楽しめると評判です。

また、自家焙煎をチャレンジしてみたいという方にはおすすめだと言われています。

そして自家焙煎機の小型陶器や金属タイプは、リーズナブルに安定した焙煎が可能で、

焙煎機表面の熱と内部の空気中の熱で焼くため、焼きムラがつきにくいと言われています。

そして自家焙煎機の手回し式は、一度で焙煎できる量が多く、

ドラム型のチャンバーを回すため、炎と距離が一定で安定した本格焙煎が可能です。

高品質な本格焙煎の珈琲豆を安定して作りたい方におすすめだと言われています。

さらに自家焙煎機の自動式は、生豆を入れるだけで自動焙煎ができ、

チャフ除去機能など、多機能な焙煎機もあります。

時間をかけずに焙煎したての珈琲が飲めると言われています。

 

 

まとめ

珈琲の焙煎とは、生豆に熱と圧力を加えていくことだと分かりました。

また焙煎するときには焙煎深度は8種類あり、煎り方により味が変わると言えます。

そして自家焙煎機には、大きく分けると4種類あり、

リーズナブルや自動で焙煎できるものがあると分かりました。

 

Pocket

湯田温泉の小さな珈琲豆焙煎屋 Nishida Coffee


会社名: Nishida Coffee

住所:〒753-0056 山口県山口市湯田温泉五丁目7-6

TEL: 080-4487-7054

営業時間 : 平日 / 12:00~18:00 土日祝 / 9:00~18:00 定休日:不定休

対応エリア:

業務内容:コーヒー豆の製造・小売・卸、コーヒー器具の販売、ギフト販売、イベント出店、コーヒー教室

pagetop