お知らせ

美味しいだけじゃない!コーヒーの摂取で期待できる嬉しい効果とは?

 

朝の目覚めやお仕事中に、コーヒーが日常に欠かせないものになっているというかたも少なくないでしょう。

適量を摂取することで得られるメリットも多く、健康や美容面でいい効果を期待できますが、

一方で飲みすぎはデメリットにもなるとされています。

その性質を理解した上で、生活の質の向上に役立てていきたいものです。

 

覚醒効果で頭がスッキリ

コーヒーを摂取することで感じられる変化として、心当たりがある方が多いのが覚醒効果でしょう。

眠い時、何となくモヤモヤしている時に飲むことで頭がスッキリすると感じ、仕事も捗ります。

コーヒーの主成分はカフェイン。このカフェインに中枢神経の働きを活性化させる効果があり、

眠気を解消して活発に動けるようになる、とされているのです。

また、コーヒーのあの香ばしい匂いを嗅ぐだけでも刺激を受け、心地のいい気分になります。

喫茶店に入って焙煎されたコーヒーの香りを感じるだけでも、その効果を感じることができるのです。

飲みすぎによりカフェイン耐性がついてしまうと効果が薄れてしまうデメリットがありますが、

いざという時の眠気防止策に、集中力や思考力アップに利用したいですね。

 

身体の循環機能を高めてむくみを解消

じつは、コーヒーには血行を促進する働きもあります。カフェインの他、ナイアシンという成分による作用ですが、

これが血液の循環機能を高めて身体の循環機能を改善できるというメリットがあるのです。

血液循環機能がアップするということは代謝機能をアップさせるということ。

手足などの末端の冷えやすい部位もポカポカしてきますし、

血液の流れがよくなることで動脈硬化を予防するといった健康効果も期待できます。

それから、血流がスムーズになると水分の循環もスムーズになり、

顔や下半身などのむくみが改善しやすくなるというのもメリット。

よく、コーヒーを飲むとトイレが近くなるという方もいますが、これはコーヒーの成分、

カリウムの利尿作用効果によるもので、老廃物を体外に排出する手助けを得られるのです。

特に女性は男性よりも筋肉量が少なく、むくみやすいという方が多いので、

心当たりのある方はコーヒーを飲む習慣を取り入れてみるのもいいでしょう。

もちろん、過剰摂取はNG。必要以上に排出を促さない範囲内で口にするようにしてください。

 

ダイエットのお供にもコーヒーがおすすめ

コーヒーとダイエット、一見するとあまり繋がりがないようにも感じますが、

実は含有成分であるカフェインとクロロゲン酸にはダイエットをサポートする効果があるのです。

まず、カフェインには脂肪分解酵素であるリパーゼの活性作用があり、クロロゲン酸にも同様の作用があります。

運動を行う30分ほど前にブラックコーヒーを1杯飲むことで、エネルギー消費効果を高められるという理由が1つ。

それから、カフェインの活性作用でアドレナリンも活発に分泌され、

運動に対するモチベーションを維持しやすくなるのがメリットに挙げられます。

運動が苦手でも、やはり食事前に1杯飲んでおけば血糖値の上昇を抑えられ、

太りにくい身体づくりに役立てられるとされているのです。

なお、食後の摂取はクロロゲン酸による胃酸分泌促進で消化のサポートを得られるため、

この1杯のリラックスタイムを楽しみにしているという方にも嬉しい効果があります。

コーヒーの1日の摂取量は成人で400mg未満とされています。個人差があるためあくまで目安ですが、

カップに1杯から2杯程度ですね。自身にとっての適切な量を見極めることが大切です。

また、覚醒効果があるため、就寝の6時間ほど前には摂取は控えるようにしてください。

健康にも気遣えるコーヒー、美味しく飲んでいきましょう。

Pocket

湯田温泉の小さな珈琲豆焙煎屋 Nishida Coffee


会社名: Nishida Coffee

住所:〒753-0056 山口県山口市湯田温泉五丁目7-6

TEL: 080-4487-7054

営業時間 : 平日 / 12:00~18:00 土日祝 / 9:00~18:00 定休日:不定休

対応エリア:

業務内容:コーヒー豆の製造・小売・卸、コーヒー器具の販売、ギフト販売、イベント出店、コーヒー教室

pagetop