お知らせ

カフェインの嬉しい効果

 

皆さんは、コーヒーはお好きですか?

朝、目覚ましがわりにコーヒーを飲む方も多いのではないでしょうか。

そんなコーヒーの健康効果について、メディアなどでもたくさん取り上げられています。

中でも、コーヒーには嬉しい効果があることをご存知でしょうか。

 

それは、コーヒーに含まれるカフェイン効果です。

カフェインと聞くと、あまり良くないイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、

カフェインを上手に使うことで健康効果はもとより、ダイエットにも効果が期待できるようです。

 

カフェインとは?

コーヒーというと、これまでにも健康的な飲み物として積極的に飲まれている方もいるのではないでしょうか。

一方で、カフェインが苦手な方にとっては避けたい飲み物ですよね。

そんな方におすすめなのは、コーヒーからカフェインを取り除いたデカフェです。

このデカフェにもしっかりと抗酸化作用があるので健康のために飲むことをおすすめします。

カフェインが苦手でない方は、カフェインには様々な効果があることから、カフェインの入ったコーヒーを飲みましょう。

それでは、様々な健康効果があるというカフェインについて見ていきましょう。

 

「カフェイン=コーヒー」というイメージが広く知られていますが、

コーヒーの他にも緑茶やココア、コーラ、チョコレートなどにも含まれています。

カフェインには、眠気覚ましなどの覚醒作用や尿の排出を促進する利尿作用があることは良く知られていますが、

意外と知られていないのが「集中力を高める」「自律神経の働きを高める」「運動能力の向上」などの効果です。

また、カフェインには解熱沈痛作用もあることから、

頭痛、倦怠感、眠気に対する効果もあるとして医薬品にも使用されています。

カフェインには、カラダに良い成分がたくさん含まれているようです。

 

コーヒーの作用

その昔、コーヒーは万病に効く薬として重宝されていたようです。

また、古来より覚醒作用が注目され、広く利用されてきました。

コーヒーに含まれるカフェインが機能する理由を簡単に説明すると、

脳にはノルアドレナリンやドーパミンといった興奮性の神経伝達物質の働きを抑えるアデノシンという物質があります。

アデノシンの最大の役割は睡眠作用です。

このアデノシンは脳の血管内径を拡大させ、頭痛を引き起こすこともあります。

カフェインを摂取することにより、これらの作用がブロックされるのです。

アデノシンとカフェインは形がよく似ているためカフェインがアデノシンに蓋(ふた)をする形となり

アデノシンの作用を抑え脳が興奮したり覚醒すると考えられています。

カフェインが血液の中を流れ脳に到着するまでには約30分~1時間かかると言われています。

ということは、仕事や運動、勉強をする30分~1時間前にコーヒーを飲むことで、

アデノシンの働きが阻害されカフェイン効果が発揮されるため、

疲労の抑制、計算力や記憶力の向上、運動能力の向上につなげることができるのです。

 

さらに、私たちの1番知りたいダイエット効果としては、

カフェインには交感神経を刺激する効果がありコーヒーを飲むことで体脂肪の燃焼を促進することが分っています。

また、1日3杯のコーヒーで基礎代謝量が約12%上昇するようです。

但し、カフェインを摂取しただけではダイエットはできません。

ダイエットするためには、カフェイン摂取と運動の組み合わせがより効果的です。

 

 

Pocket

湯田温泉の小さな珈琲豆焙煎屋 Nishida Coffee


会社名: Nishida Coffee

住所:〒753-0056 山口県山口市湯田温泉五丁目7-6

TEL: 080-4487-7054

営業時間 : 平日 / 12:00~18:00 土日祝 / 9:00~18:00 定休日:不定休

対応エリア:

業務内容:コーヒー豆の製造・小売・卸、コーヒー器具の販売、ギフト販売、イベント出店、コーヒー教室

pagetop