お知らせ

「毎日の生活にコーヒーを取り入れて、コーヒーに含まれるポリフェノールで若い身体になりましょう」

 

コーヒーにポリフェノールが豊富に含まれているということを聞いたことはありませんか。
ポリフェノールは、コーヒーに限らず紅茶、緑茶などにも含まれていますが、
この中でもポリフェノールはワインやコーヒーに豊富にふくまれています。
では、なぜポリフェノールが良いのか、何によいのだろうかということを疑問に感じますよね。

 

ワインやコーヒーに多く含まれるポリフェノールには抗酸化物質があり、
身体の中の活性酸素を取り除いでくれて身体の酸化を防いでくれる効果が期待されています。
人の身体は日々酸化していくため、酸化していくことで免疫の低下や癌のリスク、
老化など私たち人にとってよくないと言われていることに対して効果が期待できます。
ポリフェノールには、このようなリスクを防いでくれる効果が期待されています。

ポリフェノールは、ワイン、コーヒーや紅茶、緑茶に限らず、
ブルーベリーなどにも含まれ現在8000種類ほどがあるという研究結果があります。
この中で、私たちの日常生活の中で手軽に口にするのがコーヒーなのではないでしょうか。
最近ではカフェが流行っていることなどもあり、街中で手軽にコーヒーを手に入れることができます。
また、カフェブームの中でこだわりのコーヒー豆を自ら挽いて朝食の際にコーヒーを飲む習慣がある方も多いようです。
会社の会議などにコーヒーが出されることも多く、コーヒーを日常的に飲む習慣がある方は多いと思います。
では、ポリフェノールは1日どのくらいの量を摂取すればよいのだろうかという疑問がありますよね。
だいたい摂取量は1000~1500mg以上が良いと言われています。
だいたい、コーヒー1杯あたり150mLのコーヒーを飲む場合は3~5杯分にあてはまります。
そのため、1日にコーヒーを3~5杯ほど飲むことで1日に必要なポリフェノールが摂取できます。
また、コーヒーにはポリフェノールの他にもクロロゲン酸という成分が含まれています。
このクロロゲン酸は血糖値の上昇を抑制する効果や血圧を改善させる効果、
発がんを抑制する効果、脂肪の吸収を抑制する効果が期待できると言われています。
このように、コーヒーにはポリフェノールだけに限らず、
私たち人間の身体にとってよいとされている効果のある成分が豊富に含まれています。
健康面で効果のあるポリフェノールですが、残念ながら体に貯めておくことができません。
そのため、ポリフェノールは1日に何度かに分けて定期的に摂取することが効果的です。
例えば、朝食に、職場でのリラックスタイムに、午後の休憩時間、会議の時間、夜1日の作業が終わった
リラックスタイムになどとこまめにコーヒーを飲むことで定期的にポリフェノールを体内に摂取することができて、
より効果を期待できるでしょう。

 

コーヒーを飲むことは、リラックス効果や水分の摂取にも役立ち、とてもよいことではないでしょうか。
また、ポリフェノールをコーヒーから摂取する場合、インスタントコーヒーよりドリップコーヒーの方が
ポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールを摂取することを、
ひとつの目的としてコーヒーを飲む場合はインスタントコーヒーではなくドリップコーヒーを積極的に飲むと良いでしょう。
このようにコーヒーにはリラックス効果が期待できるだけではなく、
身体を酸化させることなく健康や美容にもとても役立つ効果が期待できます。
私たちの日常生活にコーヒーを積極的に取り入れて、身体の中から健康で、
美容面も錆びることなく、いつまでも若く過ごしていきましょう。

Pocket

湯田温泉の小さな珈琲豆焙煎屋 Nishida Coffee


会社名: Nishida Coffee

住所:〒753-0056 山口県山口市湯田温泉五丁目7-6

TEL: 080-4487-7054

営業時間 : 平日 / 12:00~18:00 土日祝 / 9:00~18:00 定休日:不定休

対応エリア:

業務内容:コーヒー豆の製造・小売・卸、コーヒー器具の販売、ギフト販売、イベント出店、コーヒー教室

pagetop